« さらば、住吉のマンション | トップページ | 緑の生活 »

ねえねが帰ってきた!2010

1年前も、ぼくは同じようなことを書いたような気がするpencil

「その人」が、1晩だけわが家からいなくなった。

家の中がたちまち静かになり、平和と安穏が訪れる。

そして、いかに僕の人生は、「その人」に振り回されて来ていたのかと改めて考える。

歯を磨くのも、お風呂に入るのも、お風呂で体を洗ってもらってもらうのも、何でも自分が先で「一番」じゃないと気が済まない人。

そうならないと、あたけて、妹を叩く人。

それなのに、妹のほうは「その人」がいないと元気がない。

朝起きて「ねぇねは?」「ねぇねはどこ?」「ねぇねはいつ帰ってくるの!」と半狂乱。

観音山少年の家へのお泊まり保育。

Img_1291

年長さんの恒例行事として毎年企画されていたものが、今年は、1年生のみ卒園児も参加させてくれるという。

Img_1273 去年は、年長さんなのに、まだ夜のオネショがあり、こっそり、オムツを持たせたけど、さすがに今年はそんな心配はいらなかった。

一段とパワーアップしたお友達たちと久しぶりに再会し、「その人」ねえねは、観音山へと出かけて行ったのでした。

そして、昨日3時、バスは保育園に着き、ねえねが帰ってきた!

さっそく「今からお友達とおうちで遊んでいい?」と言い出す。

今日は「ゆっくり家で体を休ませるように」って先生が言ったじゃん。

そう言って聞かせても一度言い出したらもうキカンボウ。

結局、ねえねと同じ名前の、仲良しのお友達がやってくることになり、「パパも一緒に、プリキュアのカルタやろ」だの「氷鬼(鬼ごっこの一種のようです)やろ」だのとお誘いを受ける。

元気がなかったみーちゃんもすっかりテンションが上がり、お姫様3人と遊ばせてもらいましたsweat01

|

« さらば、住吉のマンション | トップページ | 緑の生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520653/48912936

この記事へのトラックバック一覧です: ねえねが帰ってきた!2010:

« さらば、住吉のマンション | トップページ | 緑の生活 »