« やれやれ。 | トップページ | 父の言葉 »

すごろく

オセロとともに、お嬢たちのブームになっているのが、すごろく遊び。

さいころを振って、出た数だけ進むという典型的な正月遊びだ。

なーちゃんが定期購読している小学館の「小学1年生」の付録についてきた

すごろくゲームにすっかりはまっている。

オセロは、みーちゃんがまだできないけど、すごろくだったらなんとかできる。

それに、小学館の付録だけに、足し算をしたり、世界の風景や有名建築物を

覚えたりできるようになっている。

親としても、ぜひやってもらいたい・・・ところなんだけど、何回も何回も付き合わされるので

うんざり。

昨日は、大河ドラマ「江(ごう)」の第1話。

僕は、父が大河ドラマファンだったこともあり、小さいころから好きでずっと見てきたんだけど、「新撰組!」を見たのが最後に落ち着いて、見られなくなった。

だけど、今年の大河は、一応、浜松とも関係のある話なので、見たいなぁとおもっていたんだけど、それも許されなかった。

酔っぱらった頭で、さいころを振り、ドラえもんやらポケモンの案内で、1回休んだり、札を引いたり……、もう、楽しいったらないよ(泣く)。

|

« やれやれ。 | トップページ | 父の言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんだか楽しそう~
お相手はいつもパパさんなんですね(笑)
私も直ちゃんにかるたを何度もやらされますよ。
二回までは我慢できるんですが・・・

大河ドラマ、うちは夫が歴史大好きなので
竜馬からともくんも見るようになりました。
「江」も楽しみにしていたみたいです。
ストーリーは理解できませんが、昔の人の格好や刀、鎧、戦うところが気になるみたいです。
男の子目線ですね。

投稿: ともくんのママ | 2011年1月11日 (火) 22時39分

ともくんママさん

直ちゃんもカルタやれるようになったんだぁ~。
すごい。
直ちゃんのカルタだったらかわいいような気がするけど(笑)。
それにしても、子どもが文字や数字を覚える力って感服しますね。
いちいち教えるわけじゃないのに、記号やマークを覚えるようにどんどん覚えていく。
そして、そんな子どもを見て「うちの子ってなんて頭がいいんだろう」と思うのは親バカだって最近になって気付きました。
小学生になると、やっぱり努力しないと成績って上がらないんだもん。
先日、ねえねは県の学力定着テストがありました。
算数と国語。
「わからなかったらあきらめないで、“ハテナ”って考えてみるんだよ」と呪文のように言い聞かせ当日、テストに臨ませましたが・・・。

投稿: なみパパ | 2011年1月15日 (土) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520653/50542132

この記事へのトラックバック一覧です: すごろく:

« やれやれ。 | トップページ | 父の言葉 »