« 最後の運動会 | トップページ | 最後の芋掘り遠足 »

森のてんぐ屋さん2011

まさか、今年も公演があるとは・・・。

しかも、初の市外公演、静岡市民文化会館でー。

きのう、静岡県行政書士会創立・行政書士法制定60周年記念事業ということで、僕の童話を原作にしたミュージカル「森のてんぐ屋さん」が公演されました。

3年前、第3回森林のまち童話大賞に応募。

まさか自分の作品が賞を取るだなんて思わなかったので、自分の2人の娘の名前を登場人物にした創作を行い、応募したところまさかの大賞受賞。

作品は本になり出版発売。

それだけでも夢心地なのに、ミュージカル化もされました。

2年前の大賞授賞式での公演を皮切りに、モザイカルチャーのファイナルステージ、昨年の国際ユニヴァーサルデザイン会議での一こまなど、何度か市内で公演されてきました。

それが、今年は「国際森林年」ということもあり、静岡県行政書士会の皆様が静岡での公演を実現させてくださったとのことでした。

行政書士会の会長さんとも直接お話しさせていただきました。

僕の2人の娘を見て「今が一番いい時ですよ。子どもはすぐに大きくなってしまうからね」とおっしゃってくださいました。

そして、何より光栄だったのは、来賓としていらした知事にお会いし、お話させていただく機会を得たこと。

「2人の娘に父として物語を残したかった」という僕の話に耳を傾けてくださり、来賓あいさつの場でその話を披露してくださいました。

本当に夢のようでした。

しかし、何よりこのミュージカルの本当の主役は、可愛い演技を披露してくれた天竜区の子どもたちであり、製作に関わってくださったスタッフの方だと思います。

よい作品を家族で何度も見ることができ、本当に幸せです!

Img_2958

|

« 最後の運動会 | トップページ | 最後の芋掘り遠足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520653/53060705

この記事へのトラックバック一覧です: 森のてんぐ屋さん2011:

« 最後の運動会 | トップページ | 最後の芋掘り遠足 »