« 何があっても怯まずに、前へ! | トップページ | 台風接近なんのその!秋晴れ運動会の巻 »

運と縁

静岡市、富士市、沼津市と浜松市の県内4市の広報担当者で、4市広報研究会というものを結成しており、それぞれの市が持ち回りで研修会やその後の懇親会を企画している。
昨日は当市が幹事市。
いつも研修の講師選定に悩むところなんだけど、今回は、今年度、市長が出演するラジオ番組のインタビューアーを務めてくださっているフリーキャスターの平尾典子さんにお願いをした。
とっても明るい方で、昨年度までは緊張感が走っていた市長ラジオ番組の収録の場も、今年度は和やかに進められるようになり、その楽しい聞きっぷりにいつも感心してしまう。
ということで、今回は、自治体広報担当者向けに、インタビューのコツ、話し方のコツを伝授していただいた。
いつも妻に「ちょっと人の話聞いてるの?」と言われるほど、僕は聞き下手なので、目からうろこが出るほどに勉強になった。
その後、他市からの参加者を最新鋭のスペックを誇る市消防局の情報指令センターを案内し、夜の懇親会へという流れになっていた。
消防局の視察の時間帯は、ほかにやらないといけない仕事があったので、後輩に任せ、職場に戻ることにした。
とっと片づけて夜の懇親会に出かけるベー、と張り切っていたら、5時過ぎに僕宛の電話が入る。
山のほうで大がかりな事故があり、その投げ込み(報道発表)を今夜中にしないといけない、というのだ。
この手の案件は、緊急性を問われるため、市政記者クラブ加盟社全社に一斉ファックスで通知しないといけない。
もう~!
金曜日の夕方になると、なぜか、こうしたことがしばしばある。
食中毒、事故、職員不祥事……。
そのたびにうんざりする。
その一方で、野次馬根性の血が騒ぐ。
少しでも聞いてしまった以上は、ことの詳細を誰よりも早く知りたい。
そしてそれが今の役得なんだから文句を言ったら罰が当たる。
8時くらいに無事に用を終え、懇親会会場に向かうことができた。
なんと、講師の平尾さんもまだいてくださり、少しでもお話をすることができた。
「わたしは運と縁がとってもあるんです」ということをおっしゃった。
なるほど~。
運と縁、それって大事にしようと思わないと、感謝する気持ちを忘れずにいないと、やってこないものだと思う。
僕も今の仲間と仕事ができること、こうした仕事に関われた縁をいただけたことに感謝しないと!

|

« 何があっても怯まずに、前へ! | トップページ | 台風接近なんのその!秋晴れ運動会の巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520653/55716213

この記事へのトラックバック一覧です: 運と縁:

« 何があっても怯まずに、前へ! | トップページ | 台風接近なんのその!秋晴れ運動会の巻 »