« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

インフルエンザ騒動2017

インフルエンザ大流行!
新聞紙面によく出ているけど、家族が感染するとそれを実感する。
先週水曜日、中学の日帰りスキー教室。
(僕らのころはそんなのなかったけど、今では中1で実施しているらしい)
楽しく行ってきたまではよかったんだけど、翌日から喉が痛いと言い出す。
金曜朝になり痛みがさらに増し、辛いという。
じゃあ1時間目(場合によっては2時間目まで)休んで病院に行ってから行こう、と軽い気持ちでいたんだけど、検査をすると溶連菌&インフルエンザA型とのこと。
なんと!
僕も午前中、数時間の時間休で対応するつもりが、結局1日休みを取らざるを得なくなり、結局1日休むことに。
おかげで3連休になった!
それにしてもうちの子ら、かかり過ぎだろう。
2人ともインフルエンザにかからなかった年は、実は去年1年間だけ。
あとはずっとどっちかがかかっている。
場合によっては家族中に感染し、家族4人がかかった年もあった。
今年はうつるわけにはいかんからなぁと万全を期して臨んだおかげで今のところうつっていない。
それから、最近のインフルエンザの特効薬ってすごいんだよね。
イナビルという粉末薬を1回吸い込むだけで、もう薬は要らない。
たった1日で熱が下がり、楽になるんだから。
Img_4576_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥さんのコロニー

先日、フェイスブックに、いつもの朝マラソンの道中、四ツ池に生息する鳥さんの写真をアップしたところ、意外な反響があった。
てっきり白鷺なのかな、と思っていたら「アオサギ」だという。
白鷺は、白っぽいサギの総称なのだそうだ。なんと!知らなかった。
さらに、中学校の合唱コンクールの定番ソングに「蒼鷺」という曲があるという。
ユーチューブで聴いていたら、確かに胸に響くよい曲。
そして、極めつけは、僕の友達の中では一番の博学かつ文化人が、「佐鳴湖のちょい西の西鴨江(九尺線)あたりにコロニーのような密集地がある。びっくりするような数がいるので一見の価値あり」との情報が!
これは是非行ってみなければ!
昨日、志都呂の美容院へ行ったので、帰りに車でうろちょろ。
すると・・・。
いた、いた、いた!
無数の鳥さんたちが。
田んぼに。小さな川の畔に。民家の屋根に。
確かに、これはコロニーだ。
昨日の午後は、ものすごく空気が冷たかったけど、そんなことも忘れ、シャッターを切った。
酉年だけに行ってみる価値あり!
Img_8953_800x533
Img_8978_800x533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最初の3連休!

正月明けの3日働いて、また3連休!
長い年末年始の休みがある代わりに、今日が休みじゃないという人、結構いるみたいです。
特にここ浜松では。
お正月に、高校の同窓会があり、「仕事始めはいつ?」という話になった。
浜松の人は「5日」だったり「6日」だったりしたんだけど、東京から来た人は「4日からに決まってるじゃん」という反応。
東京は、公官庁とか民間とか関係なく、暦通りの休み、というのが一般らしい。
ところが、浜松は製造業の街なので、工場のラインの生産性を重んじ、ゴールデンウィークやお盆の夏季休暇、そして年末年始にまとめて長い休みを取る代わりに、祝日も出勤というところが多いということが分かりました。
まぁ、浜松でもいわゆる公官庁勤めの僕は暦通りなんだけど。
年の中で3回、長い休みがあるけど、祝日が関係ない。
祝日はしっかり休めるけど、あくまでも暦通り。
どっちがいいんだろうね?
ともあれ、3連休、また家族でのんびり過ごすことができ、よかった。
仕事に行けば行ったでいろいろあるし、子供たちの学校が始まり、家の中がせわしなくなり、金曜日から土曜の朝にかけて妻と軽い喧嘩をしてしまった。
それもこの休みで修復。
やっぱり心に余裕がないといかんね。
昨日はみーちゃんと百人一首をやりました。
日本語の美しい調べを噛みしめながら、札を読み上げる・・・、こういうのが自律神経にもいいんだろうね。
Img_4499_800x600
それから、みーちゃんがクッキーを焼いてくれました。
Img_4502_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランナー作家公務員

明けましておめでとうございます。
2017年、年男です(笑)。
細木数子さんの六星占術でも、今年は12年間1サイクルの中で最も運気がよい「安定」の年とのこと。
(ただし、来年から3年間は「大殺界」でもあるらしい。なので、今年、運の貯金をたっぷりしておかないと)
中学時代の同級生が「浜松百選」の編集者をしており、去年の秋、わが家に取材に来てくれた。
FBで料理ネタをアップしていたところ、人づてに彼女の耳にも入り、ぜひ「男のひとり飯」というコーナーにぜひ登場してほしい、ということになった。
さすが、プロだけあって、上手に写真を撮り、文章をうまくまとめてくれている。
できあがったゲラがメールで送られてきて、「ところで、肩書でどうする?」という話になった。
これまでこのコーナーに登場していた人って、それなりの企業人だったり文化人だったりしたからよかったんだけど、困ったな。
「浜松市職員」とか「浜松市教育委員会」とかってリアルに書かれちゃうのもなぁ・・・。
そこで、彼女とメールのやり取りをし、いくつかの案が飛び交い「ランナー作家公務員」というのはどう?ということになった。
なるほど~、悪くないか。
僕のことをよく知っていてくれる同級生ならでは発想だ!
「ランナー作家公務員」。
2017年はこれを体現する年にしたい。
フルマラソンをもう一度走りたいし、作家としてももう一度本を出したい。
でも本業としての公務員として、常に原点に立ち返り「市民のために尽くしたい」。
Img_8933_800x533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »