ゲーム

オセロ

年末にオセロを買った。

放課後児童会にオセロがあり、3年生くらいになると、友達同士で楽しんでいるらしいのだ。

オセロをほしいとねだられた。

まぁ、オセロだったら、ねだられなくても、親としても買ってあげたいおもちゃだ。

でも、だからと言って簡単に買ってあげるのもよくないと思い、目標を実現できたご褒美として買ってあげることにした。

最初の条件は「校内持久走大会で、1年生の女の子の中で20番以内に入ること」。

結構高いハードルだ。

事前の練習では25番だったようだ。

女の子は50人以上いるというので、真ん中よりちょっと前。

僕の娘にしては上出来だけど、もうちょっと頑張ってほしい。

そこで、「20番以内」というハードルを設けたんだけど結果的に23番。

ん~、惜しい!

その次に、「2学期の通信簿、教科の評価で◎が20個以上だったら買ってあげる」という目標を設定した。

これはもっと高いハードルだったようだ。

それでも、1学期よりはひとつ◎の数が増えていた。

「持久走がだめでも、通信簿がだめでも、がんばったことを評価して、サンタさんが持ってきてくれるよ」と、最終的には、サンタさんからのプレゼントということで落ち着かせようと思っていたんだけど、ご褒美を上げないといけないことが起こってしまった!

夏休みに書いた読書感想文が、市のコンクールで入賞し、終業式の日に、全校生徒の前で表彰されたというのだ。

「はずかしかったけど、校長先生の前まで行ったんだよ。だからオセロ買って・・」だって。

う~ん。

なーちゃんにとっては、入賞したことよりも、全校生徒の前で壇上に立つ恥ずかしさを克服したことが「がんばったこと」だったようだ。

それにしても、あの感想文・・散々な思いで本を読ませて書かせた僕が表彰してもらいたいくらいなんだけど・・・。

それにしても、まぁ、よく頑張った!

というわけで、オセロを購入。

年末年始とハマり、昨日の夜は、酔っぱらって対戦した負けてしまったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)