スポーツ

浜松シティマラソン2016

先週、浜松シティマラソン・ハーフに出場しました。
去年は、みーちゃんが一緒に「ファミリーの部で走って」と言ってくれたので、3キロ走っただけで済んだんだけど、今年はねえねと一緒に単独で小学生の部に出るからいい、というので、しょーがねー、一人、ハーフに出場。
2年ぶりのハーフ。
仕事が忙しく、夕食を食べる時間が不規則で(お酒も相応に飲むので)体重が増えてしまっており、21キロ走り切る自信はなかったんだけど、
今回これまで最高3キロしか走ったことがなかったという高校の同級生を無理やりハーフに誘ってしまったこともあり(その友達もそれなりに練習を積んでいたようだったので)、何が何でも完走できなきゃかっこ悪いなっていう状況に追い込んだ。
シティマラソン前の1か月間で100キロ走ることを目標に設定。
毎朝早起きして、少しずつ走ることにしました。
この時期の朝は寒くてつらい。
だけど、大きな目標があると、人は頑張れるものですね。
結果は、さておき、なんとか制限時間内に完走することができました。
12715497_941408675958494_3174847545

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデンパーク駅伝

スポーツの秋!ということで昨日は、浜名湖ガーデンパークで行われた駅伝に参加。
秋晴れの下・・・と書きたかったんだけど、昨日はあいにくの小雨。
5月の佐鳴湖国際駅伝で誘っていただいて以来、2度目の「走北会」のメンバーで出場。
その名も、走る北高卒業生の会です。
走った距離はたったの3キロ。
一人3キロずつ走り、14人でフルマラソンの距離を走り切るという企画。
しかし、僕は数日前から右ひざを痛めてしまっていた。
だましだまし、走ってみたけど、やはり痛みにはかなわず、結果は散々。
年を取った、って思いたくないけど、膝に来るだなんてこと、これまではなかったのにな
上半身の体重を落とし、2月の浜松シティマラソンでリベンジしたいと思います。12076924_422211414655475_1860984054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松シティマラソン

今週末は、いよいよ浜松シティマラソン。
なんと、久しぶりにハーフマラソンに挑戦します。
シティマラソンのメーン会場は四ツ池公園。
みんな駐車場に苦慮していると思うけど、浜松シティマラソンは、スタート地点のすぐ近くだから朝も楽々行けちゃう。
そんな環境もあり、子どもと毎年一緒に出場したいと考え、ねえねとは小学1年生の時からファミリーの部(3キロ)に出場してきました。
今回も・・と楽しみにしていたんだけど、最近、人気が出てきているため、申し込みを始めてからあっという間に締め切られ、今年はファミリーの部に出場することができず。
その時点で申し込み可能だったのは、「ハーフマラソン 男子 30歳~49歳の部」のみ。
これは僕にハーフを走れという天からのお告げ・・と受け止め、エントリーしました。
21キロ走るとなるとそれなりに練習しないと・・と思っていましたが、2月に入り、週末のたびにビッグイベントが。
2月9日(土)~11日(日)は、文化人が浜松に集う「エンジン01文化戦略会議」。
そして、この間の日曜日は不発弾処理。
不発弾処理はホント大変で、練習もろくにできず。
今日はその振り替え休日でお休みです。
天気もいいから走ってこないと・・・。

Img_4513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風接近なんのその!秋晴れ運動会の巻

「大型で非常に強い」台風17号が週末にかけて接近!
ということで、小学校の運動会の開催も危うかったですが、昨日の土曜日(特に午前中は)そんな気配を微塵も感じることもなく、秋晴れの下(校長先生挨拶の決まり文句だね)運動会が開催されました。
小学1年生のみーちゃんにとっては、初めての運動会。
お遊戯会の延長だった保育園の運動会とは一味違い、徒競走や1年生から6年生までの縦割チームで行う応援合戦などすべて「はじめて」。
徒競走は2位。
がんばった!
人が一生懸命走る姿って、スポーツ選手だけじゃなく、小学1年生だって美しい、とわが娘の走る姿を見て思いました(親バカかな?)

018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踵(かかと)が痛い

踵(かかと)が痛いsad

特に、朝一番で歩き出そうとすると、ズキーンとくるfoot

先月まではなんてこともなく、ほぼ毎朝ジョギングshoeをしていたのに、今月に入り、痛みが気になり始め、歩くたびにストレスを感じるほどになってしまった。

最初は、左足がひどかったんだけど、次第に右足も痛くなってきた。

どうしちゃったんだろ・・。

みーちゃんが骨折をした時にお世話になった整形外科に行き、レントゲンまで撮ってもらった。

左足の外反母趾がもともとひどく、それをかばう走り方をしてきたことが原因のよう。

右足を横から撮影したレントゲン写真を見ると踵骨の下部から軟骨のような骨がぼこりと出っ張ってきている。

そこの骨の周りについている筋肉が炎症を起こしていて痛いのだそうだ。

ふつうは60~70代の人がそうなりやすいのだけど、スポーツをやっている人は若くてもなるといわれた。

張り薬と塗り薬でしばらく様子を見ましょう・・とのことだけど。

10日ほどたったんだけど、少しは楽になったかな・・程度。

今は走るのやめて、おとなしくしてろってことなのかな。

そういえば、受賞した童話大賞の作品を書いていたのはちょうど今ごろの時期でした。

それにあやかり、続編を書き始めました。

今度は、天狗に続き、モチーフが河童。

タイトルは「かっぱのそうりだいじん」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐久間駅伝に向けて!

前回のブログでも書きましたが、1月26日(日)に開催される佐久間駅伝に、職場のチームで出場することになりましたsign01

合併前の佐久間町役場から異動でうちの課に来ている同僚が呼びかけると、「やってみよう!」と、あれよあれよという間にメンバーが集まり、お揃いのTシャツまで作ることにsign03

選手として出られないけど、「応援だけだったらいいよ」とか「Tシャツだけは買わして」とかいう賛同者も増え、うれしい限り。

走者は6人だけなのに、なんとTシャツ購入者は30人。

うちの課に常駐している非常勤のデザイナーの子がマックでちょちょいとつくったデザインがかっこいいものだから、普段着としても着られるし、マラソン以外の職員スポーツ大会(バドミントンやテニス)の時にも着られるという理由もあるんだろうけど、うちの課の結束の高さを証明しています。

そして、ご丁寧に、事前に当日のコースの試走までしようということになり、昨日の午前中、佐久間くんだりまで出かけ走ってきました。

実は、前日静岡へ出張し、夜、飲んできたものだから、二日酔いが残っている状態でしたが、佐久間へ着いてみると、澄んだ山の空気に、二日酔いも吹き飛ばされました。

さすがにコースは起伏に飛んでいて、アンカーとなる僕の6区は、中でも一番険しい峠上りがある。

それでも、山の上から視界に広がる田舎の集落や段々茶園などを眺めながら走るのは楽しいもの。

峠を降りると、浦川のまちに出る。Img_2041

布団屋さんや雑貨屋さんなど、昔ながらの商店が残り、日本の原風景ともいえる風情を感じた。

4.4キロを走ってゴール。

当日もがんばるぞ!

Img_2051

| | コメント (1) | トラックバック (0)

佐久間町駅伝に向けて!

今日から僕は冬休みsnow

年末年始のお休みに土日がうまく組み合わさり今年は9連休ですscissors

手放しで喜びたいところなのですが、妻は週明けあと2日は仕事down

しかも、明日も半日仕事に行くかもしれないという(とほほ)。

家でたっぷりお嬢ちゃんと過ごすことができます(うれし泣き)。

それでも、せっかくのお休み、スタートが肝心と、朝早く起きて、ジョギングをしました。

今日は走ったぞ! 10キロを1時間以上かけてゆっくり走りました。

そういう走り方(長い距離をゆっくり自分のペースで)がもっともダイエットにはよいみたいですね。

秋口から始めたダイエット。

食事の量を減らしつつ、こまめに走りこんできたおかげで、成果が表れ、最大時より5キロ以上落ちました。

今は、結婚したころの体重にまで戻りました。

それだけ短期間で体重が落ちると、体が軽くなったというのが実感できる。

走るのも気持ちいい。

来年、年が明けたら職場の仲間で佐久間町駅伝に出ることになったので、この休みは思いっきり走りこもうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋から冬へ

風邪をひいていたおかげで、朝のマラソンはしばらく控えていたけど、ようやく体調が戻ったので、今朝は久しぶりに早起きをして、走ってみたsign01

朝に走るのは3週間振りだろうか(3週間も体調を崩していたんだなぁ・・)。

9月は、まだ夏の気配が残っていた。

5時半ころから明るくなるし、少し走ると汗がびっしょりsweat01

それでいて、足もとの草の陰から虫の鳴き声が聞こえ、秋の気配も伝わってきた。

9月が、夏から秋へ向かう季節だとしたら、10月は秋から冬へ向かう季節。

今日、3週間ぶりに走って強くそう感じた。

5時台ではまだ外はまっくら。

Tシャツにジョギングパンツで外に出たら、肌寒い。

虫の鳴き声もなんとなく力細くなってきているようだ。

こんな風に四季折々の自然の変化を楽しみながら、朝、走るのは気持ちいい。

マンションを出て、青少年の家前の通称「陸軍墓地公園」横の坂からは、高林のまちに散らばる灯りを夜景のように眺めることができる。

次第に、東の地平線がオレンジ色に染まり出し、そんなまちも朝の光に包まれる。

坂を下り、高林バイパスを南に走り、神戸屋の交差点手前のサークルKを右に曲がると少林寺というお寺がある。

お寺の横には墓地があり、線香のにおいが漂っている。

少林寺から興誠高校裏の白山神社までの急な坂にある百段坂と呼ばれている階段を一気に駆け登る。

実際には113段もあるその階段を毎朝上り下りしているオジサンとはすっかり顔見知りになった。

オジサンとあいさつを交わし、坂を登りきったころには、息もぜーぜー。

しばらく歩きながら呼吸を整え、白山神社で一休み。

境内で「家族が元気でいられますように、子どもたちが健やかに育ちますように、僕の夢が実現できますように」とお祈りし、また走り出す。

住吉バイパスに出てラストスパート。

距離でいうと1キロ半くらいだろうか。

時間も、25分くらいのコースだけど、虫の音、夜から朝に変わる瞬間の光、線香や花の香りを楽しみながら、毎朝顔を合わせるオジサンとの交流を楽しみながら走ることができる。

朝、こうして走ると実に気持のよい一日のスタートを切ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会2008

スポーツの秋!ということで、この週末は運動で心地よい汗を流しました・・と書きたいところなんだけど、先週の月、火曜日に金沢・富山に出張して風邪をひいてしまい、体調が悪い中、昨日は娘の保育園の運動会に、今日は、浜名湖ガーデンパークで行われたリレー駅伝に参加しました。

まずは、保育園の運動会。

去年は、いよいよ屋台が繰り出し盛り上がるぞっ、というときになって大雨が降り出し、中途半端なところで打ち切りになってしまいましたが、今年は完全なる秋晴れの下、行われました。

それゆえに、風邪で弱った僕の体に、強烈な紫外線はきつかった・・。

子どもが二人だとお父さんの出番も多く大変。

それでも、子どもと一緒に手をつないで競技に出れるのはうれしいな。

136 みーちゃんは、去年に続いて今年も1位!

ねえねと比べて成長がゆっくりなみーちゃん。

運動会でちゃんと走れるかなって思っていたけど、以外と走れます。

まぁ・・パパに無理やり手を引っ張られ、走らさせられていただけ、という話もありますが・・。

続いて、なーちゃん。

大きくなったので、今年から、パパは一緒に走らさせてもらえません。

本格的155な徒競走。ちゃんと走れるかな・・・ドキドキで見守りました。

一生懸命走ったけど、3位。 

でも、がんばったね!

025 みんなで、パフォーマンスも上手にできました。

このために、何日も和地山公園に出かけ練習したといいます。

練習の成果がばっちり出てました。

285 最後は、保護者&職員によるクラス対抗リレー。

なんと僕はみーちゃんのクラスのアンカー。

「ゴホンゴホン・・僕調子悪くて速く走れる自信ないですよ~」と事前に言い訳をしておきました。

結果はさておき、今年はエコにこだわった演出で、楽しませてもらいました。

そして、今日。

昨日で本当に疲れちゃったから、行きたくなかったんだけど、14人1チームの駅伝ということで、幹事が一生懸命に声をかけてメンバーを集めていたので、1人でも欠けるのはよくないと思い、体に鞭打ち出かけました。

距離はたったの3キロだけどきつかったなぁ。

昨日の保育園のリレーで、僕と一緒にアンカーを走ったパパさんも来ていました。

学生時代に陸上をやっていたということで軽やかな走りでした。

来年は保育園のパパさんチームで出場してみようかな。

風薬を飲んで走ったため、絶不調のまま会場を後にしましたが、帰りにコスモスがきれいに咲いているのが見えたので車を止め、写真を撮りました。

いよいよ秋本番です。

早く体調を整え、気持ちよく走りたいな。362

| | コメント (1) | トラックバック (0)

家族で笑ってますか・・・?

しばらく前のネタになりますが、今年も24時間テレビのチャリティーマラソンを見て感動、自分もまた走りたくなったという話を書きますrun

うちのお嬢たちも保育園で覚えてくるのか家の中でしょっちゅう「しょっぴんグ~!」を連発。

そんな社会的現象を起こしているエドはるみさんが今年の走者。

6年前から24時間のマラソンを走りたいと願ってきたというからすごい!

6年前・・・かぁ・・、と当時を振り返る。

6年前の24時間テレビのとき、実は僕も24時間走っていました。

というのも、当時の僕は、結構本格的なランナーをしていた。

何せ独身で自分の時間だけはいっぱいあったから、とにかく走っていた。

職場の同世代の仲間と、一泊二日で県外の大会にもよく行っていた。

1年に1回、フルマラソンに出場し、夏にはトライアスロンにも出場していた(今では自分でも信じられないんだけど)。

100キロマラソンにも挑戦した(2回出場して2回とも途中で棄権しちゃったけど)。

そんなむちゃくちゃというか無謀なことを繰り返していたわけだけど、究極的に馬鹿げていたのは24時間リレーマラソンへの参加だ。

6人~10人でチームを組み、リレー形式でひたすら走り続けるというのもだ。

これに3回くらい出たのかなぁ・・。

一番最後に出たのが6年前の24時間テレビのとき。

西村知美さんが走るのに合わせ、愛知県豊田市の会場で、全国から集まった変人ランナーたちが24時間走り続けていたのです。

余談になるんだけど、僕は西村知美さんのデビュー当初からのファン。

高校生の時、今はつぶれてしまった西武百貨店の前の特設サテライトでSBSラジオの収録をやっているのも見に行きました。

そんなこともあって、西村知美さんと同じ時間を走っていることに共感を覚えました。

もっとも、西村知美さんは1人で走り続けたのに対し、僕らは10人で。

しかも、その時僕は、仲間の中でも年齢が上のほうだったので深夜の一番眠い時間は後輩たちが走り続けてくれたんだけど。

ともあれ、6年前の24時間テレビを放送していた8月末の週末、僕は仲間とともに走り続けていた。

その時の24時間テレビのテーマが「家族で笑ってますか・・?」というものだった。

当時の、彼女(今の妻)から途中、応援のメールが入り、「来年から家族で一緒に笑っていたい」とキザな返事を出したことも覚えている(妻は、「そうだったっけ?」って言ってたけど)。

その翌年、僕は結婚。

一緒に笑える家族を持つことができたわけだけど、自分の時間は激減。

その代り、体重は激増。

長い話になってしまいましたが、今年の24時間テレビでエドはるみが走る姿を見て6年前の自分を思い出し、もう一度、走ってみようと思った、というオチでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧