住まい・インテリア

緑の生活②

記録的な酷暑と言われた今年の夏。

ようやく暑さも和らぎ、秋めいてきました。

夏の暑いさなかに庭に植栽したものだから、枯れさせるわけにはいかないと躍起になって水をあげたもんだから、水道代も馬鹿になりませんでした。

ここのところ、照りつけも弱まり、雨もよく降るおかげで、水撒きの心配もいらなくなりました。

そして、妻も、お嬢たちも、本当に水をよくあげてくれたものだから、芝生がきれいな緑に生えそろってきました。

日中はチョウやトンボが羽を休め、夜になれば、虫の音が心地よく聞こえてきます。

そんなわが家の庭は、カマキリ君も居心地がいいのでしょうね。

夏にカブトムシを飼っていた虫かごにカマキリを入れて、しばらく飼いました。

困ったことに、カマキリは、昆虫ゼリーやキュウリの餌じゃ駄目。

生きている昆虫しか食べないんだから。

かわいそうに思ったけど、小さな蛾をつかまし、虫かごの中に入れるとたちまちとらえてガブリ!

Img_1425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書斎にて

ぼくが、小説を書くように設けてもらった書斎。

と言っても、2階の寝室の一角に設けたわずかながらのスペースなんだけど。

木のテーブルを備え付けてもらい、壁のクロスもそこだけ違うものにしてもらった。

壁の北側にある大邸宅の庭を窓越しに見ることができ、文化的な気分に浸ることができる。

「がんばってね」と妻が優しく声を掛けてくれれば、もっと執筆活動にも精が出ると思うんだけど、あまりここに居座ると機嫌が悪くなる。

だから、執筆は早朝、みんなが起き出す前の時間と決めている。

そうはいっても、起きられない日もあるし、最近は踵の調子がよくなったので、朝の涼しいうちにマラソンもしたい。

というわけで、なかなか執筆の時間が取れないでいた。

今日は、午後から、妻の友達に誘われちびちゃんたちを連れて梨狩りに出かけたので、やれやれ。

さぁ、書斎にこもって執筆に励むぞ!と気合を入れてみたんだけど、暑くてどうも筆が(というか、キーボードを打つ手が)進まない。

要するに、小説を書くという作業は時間さえあればいいというわけではないようです。

Img_1408_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の生活

001

004

外溝&庭が完成sign01

houseづくりも完成、といってよいでしょう(後は、室内の家具や照明をなんとかする程度)。

梅雨rain明けそうそう7月22日(木)~24日(土)の3日間、集中して庭屋さんが入ってくれて、見る見るうちに芝生が張られていきました。

樹木も植わりました。

風致地区のため、樹木を最低何本か植えないといけないという決まりがあるのです。

以前、仕事で、風致地区の啓発パンフレットの製作にかかわったことがありました。

市内には7か所、風致地区があり、ホソバ囲いをするなど、緑をたくさんうえないといけないという規制がある。

ただ、なかなかその規制が守られていないので、分かりやすく案内するためのパンフレットを作りたいという担当課からのオーダーにこたえたものだ。

ふむふむ・・・そんなところがあるんだ。

そのパンフレットに目をやり、他人事のように思いましたが、まさか自分がこのような場所に住むことになるとは夢にも思いませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新居にて

先週、引っ越しが無事に(?)終了。

新居で暮らすようになって、1週間が経ちました。

それにしても引っ越しは疲れた。

当日の朝になっても荷造りは終了せず、妻も僕もろくろく寝てないからイライラ。

それでも、アート引越センターのお兄さんたちがやってきて、テキパキと荷物を運び出してくれて、なんとか持っていくべきものは新居のほうに運んでもらえました。

引っ越し後の課題その1。

なーちゃんの通学。

これまで、入学後、新居ができるまで越境通学をさせてもらい、学校まで車で送って行ってあげていたんだけど、校区に引っ越してきたからには、そうもいかない。

放課後児童会にいる2年生の女の子が近所に住んでいることがわかったので、近隣のあいさつ回りを兼ねて、その子の家に突撃しました。

パパ・ママさんも感じがよさそうな方で、翌朝からうちに寄ってから通学してくれることになりました。

ところが、近所のお友達たちと毎朝7時には出発するというのです。

今まで7時30分に僕の車に乗り込み出かけていたのに、ちゃんと起きて支度ができるだろうか。

郷に入っては郷に従え!

本人も自覚ができたようで、なんとか頑張って起きて学校に通うようになりました。

134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一応、完成。

マイホームが一応、完成!

014 昨日、住宅メーカーから引き渡しを受け、一応、僕(と妻の共通名義だけど)が所有する形になりました。

「一応」が続くのは、建物本体こそできたものの、外溝や庭の工事がまだこれから。

駐車場周りや玄関へのアプローチ、庭の作りこみにまだ相当手間がかかりそう。

引き渡しを受けたと言っても、住宅メーカーへの支払いはまだ済んでおらず、銀行の融資を受けて、今月末までに支払わなければなりません。

銀行の融資担当者の言うには、通常、引き渡しの前日までには、お金をすべて支払うようにメーカーから言われるらしいんだけど、うちのメーカーさんというか営業担当さんの度量が大きいのか、「だいたい今月末までに振り込んでおいてくれればいいよ」とのこと。

それにしても、銀行の融資をうけるためには、新しい住所地の住民票や印鑑証明ほか諸々の書類が必要なようで、平日、時間を作ってそれらの手続きをしなければなりません。

引っ越しは、一応来週日曜日。

また「一応」なのは、この荷物が本当に片付くのか、という思いがあるから。

なので、一応、ここのマンションを今月末まで借りることにして、来週、引っ越し業者にまとめて持って行ってもらった後も、細かいものをぼちぼち運ぼうと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上棟!

28日(日)、上棟を行いました。

朝7時半ごろ大工さんたちが集合し、作業を始めるという。

まずは施主としてあいさつに行かないと。

とはいえ、朝の早い時間、二人のちびを起こして連れていくのは無理。

僕が代表して行ってこようと思っていたんだけど、まぁ、こういうのは夫婦そろって行ったほうがよいだろうということになり、妻と二人で現場へ。

家を出るに当たり、僕の支度がもたつき、妻に「もー」と言われる。

現場に着くと、すでに棟梁をはじめとする大工さんたちが集合していた。

Img_0652 クレーン車や、木材を乗せたトラック2台もやってきた。

木材は富士方面から届くものらしい。

朝早くから、僕たち家族のために、働いてくれている人がいると思うと頭が下がる。

Img_0656 それから、二人のちびにご飯を食べさせ、実家に連れて行き、10時のお茶出し。

日ごろ、共働きでお菓子やお茶をふるまえれないので、せめて上棟の日くらいは10時と3時にしっかりと出さないと。

前日、お菓子を買いこみ、「これじゃあ足りないかねぇ」と心配する妻に対して「これだけあれば、10時と3時の2回分十分だよ」と言ったのだが、10時の時点でそのお菓子のほとんどを平らげてもらった。

Img_0641 その後、お昼のお弁当を現場に届けてもらうことになっていたので、僕一人現場に残り、大工さんたちの作業を眺めていた。

どんどん家が建っていく様は感動的だった。

午後5時ごろ、家の形もほぼ出来上がり、家族4人で2階に上がり、上棟式を行った。

Img_0669 近所の人を集めてやるいわゆる餅投げはやらなかったけど、隅餅だけは4個投げた(みーちゃん、落っこちるんじゃないかと心配だったけど)。

完成は5月末から6月上旬だそうです。

楽しみ!

Img_0692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上棟前夜

いよいよ明日は上棟!

天気もまぁ、なんとか雨にはならないようです。

夫婦共働きのため、これまでの基礎工事の間は、日中、現場に行き、10時、3時の休憩のときにお茶とお菓子をふるまうようなことができなかったので、せめて上棟の日くらいはしっかりやらないと・・・・と、今日、お菓子やらペットボトルのお茶やらを買いこんできました。

餅投げはやらないものの、なんだかんだいって、明日は朝から1日中、忙しくなりそうです。

今日、現場に行ってみたら、大工さん3人が来て、明日の準備作業をしてくださっていました。

Img_0641

いよいよ、自分の家が建つのか・・・と思うと本当に感慨深いな。

思い返せば、僕たちが真面目に家探しを始めたのはちょうど1年前の今ごろのこと。

夫婦そろって「買ってもいい」と思える物件に出会い、真面目に検討をしました。

結局、そことは縁がなかったんだけど、ついに、家が建ちます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、着工!

いよいよ、本日、マイホーム着工となります。

午前中は半休(妻は一日休み)をとり、神主さんに来ていただき地鎮祭を行います。

今年、41歳になり、厄年を迎えた僕。

「厄年に家を建てるだなんてとんでもないからやめよう」と一時は妻が言い出し、土地を買っちゃって、今さら何を言い出すんだ・・と喧嘩ムードになったけど、神社の神主さんに診てもらったところ、僕の運気が去年の8月まで上がり調子(確かにそれは実感した)、その後下がり出したけどまだ幸運期にある。一方、妻のほうはまだまだ上がり調子で今年の8月にそのピークを迎える。

つまり、夫婦そろって幸運期にあるため、家を建てるには良い時期という診断になったようだ。

なお、厄年の考え方も、旧暦で年が切り替わるという考えから、2月3日の節分までに着工すれば、厄年に建てたことにならないということでした。

ということで、今日、着工することになったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイホーム♪マイホーム♪②

いよいよ、マイホーム建築に向けた工事が始まりました。

まずは、土地とセットで買い取ったお屋敷の解体。

1月9日に、天王宮大歳神社からお越しいただき、解体前のお祓いを行いました。

相当、立派なお屋敷でした。

そこにそれまで住まわれていた方が、事情があって、手放さなくなってしまったということ。

その家や庭に幸せな思い出がいっぱい詰まっているであろうということ。

だから、お祓いといっても、悪いものをはらうというよりは、その方たちがその土地で築いた幸せの上に、私たちの家族が幸せを築きたいという誓いを立てたというのが正直な思いです。

それから2週間でそのすっかり、更地になり、来週にはいよいよ着工となります。

Img_0202

| | コメント (0) | トラックバック (0)