心と体

ラン講習

ポカポカ陽気だった昨日とは打って変わり、気温が下がり始めた勤労感謝の日のお休み。
高校の同級生の呼びかけで、佐鳴湖にて、㈱TOMO RUNというスポーツマネジメントやランニング教室を主宰する中川智博さんという方の走り方指導を受けることに。
なんでも、ご自身もランナーとしての記録もお持ちで、スズキの実業団クラブで活躍していたおり、今年から陸上コーチクラブを立ち上げられたとのこと。
それでいてとっても気さくなお兄さんという感じの方でした。
ここ数日間、仕事で忙殺されており、その上昨晩も飲み会だったので、正直言って、気が思いなぁという思いもあったんだけど、行ってみて本当によかった。
備忘録的に指導を受けたことを記載しておきます。
・準備体操は、ブルブル筋肉を動かしながら。反対に走り終わってからのクールダウンの体操は筋を伸ばすことを意識し、ブルブルは取り入れない。
・手の力を抜くのが大事。ブルブル手を動かし、卵をつかむようにして走る。
・目線は100メートルから150メートル先に。そうすることで、おへその位置が1センチほど上がり、跳躍感が得られ、腿が上がる。
・「トントントン」とリズムを取りながら、腕振りは後ろに力点を置く(骨盤が前に出ている人はそうすることにより調整が図れる。坂道を登るときは楽になる)
・(これは僕の走り方に対しての指導なんだけど)腰の周りを紐で巻き付け、おへその前からその紐を引っ張られる感覚を意識して走る(僕の走りは腰のあたりが肝のようだ)。
・寝る前に腹筋を(仰向けになって腰を上げることでおへその下の筋肉が鍛えられる)
15184039_915544088582317_1223977273
Img_4209_800x450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の3連休

3連休、あっという間に終わっちゃった。
だけど、この3連休は、ありがたかったな。
というのも、先週は、猛烈に忙しく、帰宅が深夜0時、って日が2日も続いた。
当然、睡眠時間も減る。
年を取ると、睡眠時間が短くなるという。
45歳の推奨睡眠時間は6.5時間だという。
ダメだなぁ、僕は。
7時間を切ると。
しかも、いつも、子供と一緒に早々と寝ちゃうから、10時前には床にいる。
そんな生活をしている僕が、0時帰宅を2日も続けるとは。
しかも、その時間に帰ってきたってすぐに寝れるわけじゃない。
職場で食事をちゃんととってるわけじゃないので、少しは食べたい(そして飲みたい)。
寝る時間はどんどん短くなる。
日中も眠くなるけど、そうも言っていられない。
そうした中、会議での意見対立。
これは堪えたね。
1対5。
「1」は僕ね。
よかれ、と思って進めてきたことが、体制に受け入れられず、窮地に立つ。
何を、そんなことをこの場で言わなくても・・とも思った。
正直、腹も立った。
しかし、そういう意見対立を調整し、自分の思いを通すのも、大事なことだろう。
そんなこんなで、週末に入る前は、かなりモヤモヤしていたんだけど、3連休を満喫したおかげで、まっ、いっか、と思えるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ騒動②

いやはや。
ホントに年末年始もないとはこのこと。
インフルエンザに振り回されたこの休み。

ただ、考えようによっては、休みの間に家族全員が感染し、全員がほぼ治ってよかった。
毎年、冬が来るたびに、家族がインフルエンザにうつらないように、と願う。
なのに、子どものどちらかがもらってきて、それが家族にうつり・・ということになってしまう。
去年も1月にみーちゃんが感染したよなぁ(だからみーちゃんは、2014年は1月と12月、2回インフルエンザA型に感染した)。
あの時は、家族誰にもうつらなかったからよかったけど、親は仕事があったため、どっちかのじいじ・ばあばの家に預けたんだろうな。
そう、ちょうど、ノロウィルスによる小学校集団食中毒が発生していたときで、連日の報道対応で僕の帰りは夜中だったんだっけな。

明日は仕事始めだ。
元気に出勤できそうで何より。
1月、年が明けると年度末の3月まで時間が過ぎるのはあっという間。
今年はさすがに僕も異動だろう。
12年いた今の課からどこへ移ることやら。
後悔しないように、今の職場での仕事をこなしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ大騒動

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さん晴れやかな気持ちで新しい年をお迎えになったことと思いますが、わが家はさんざんな年越しとなってしまいました。
というのも、年末にインフルエンザウィルスがわが家に持ち込まれてしまったんですdown

最初に、感染したのはみーちゃん。
年の瀬も迫った12月29日(日)、午後から体調が悪そうにしている。
日曜日の午後は、習字教室。
行けば、冬休みの宿題になっている書初めもやって来れるのに・・と思ったけど、残念ながら休ませる。

一夜明けても熱が下がらない。
というよりむしろ、39度以上もある。
やばいよ、こりゃーインフルエンザだ・・・。
近くの子ども病院は年末の休みに入っている。
ネットで調べたらみーちゃんのお友達が行っているという子ども病院は29日の午前中だけやっている。
猛ダッシュで病院へ。
ちなみに、妻は29日(月)、30日(火)と仕事。
なので、僕一人で二人の子どもの面倒を見ないといけない。

さて、病院で検査をしてもらうと案の定、インフルエンザA型だと!
それにしても、みーちゃん、インフルエンザかかり過ぎ~。
去年の年明け早々にもインフルエンザにかかったし、むしろかかっていない年のほうが少ないんじゃないの?

仕方ないから家で看病していたんだけど、僕とねえねも、夜になるにつれて具合が悪くなってきた。
二人で熱を測るとやっぱりあるではないか。

仕方ないので翌日、近くでやっていた当直へ。
二人ともインフルエンザA型でしたsweat02
しかし、年末の当直体制になると、小学生の医療受給者証って効かないんですねhappy02

そして、そして31日、仕事がようやく終わった妻もやっぱり具合が悪いと言い出した。
病院へ行ったら妻まで感染。
一家全滅なり~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よーれんきん。

よーれんきん。
漢字で書くと「溶連菌」という字らしい。

近所に住むみーちゃんのお友達が1年生になったばっかりのころ、「溶連菌」になった、という話を聞いた。
菌というからには、何やらやっかいな感染症なんだろうな、と思ったっけな。

そして、3年生にして、みーちゃん、ついにその溶連菌というものをどっかからもらってくる。
しかしまぁ、よくもいろんな菌をもらってくるもんだなぁ。
マイコプラズマとか、インフルエンザとか・・・。
かかんない子なんて全然かかんないというのに、うちのみーちゃんは予防接種打っているにもかかわらず毎年のようにインフルエンザにかかる。
春が来て温かくなったからその手のものはもうないだろう、と油断したら4月に、熱が出て喉が痛いという。
病院に連れて行ったら、溶連菌とのこと。
その時は点滴を打ってもらい、たちまち元気になった。
一応、その後も薬は飲み続けたものの、すっかり回復したかに見えた。
(実際、先週、尿を取って病院に持ち込んだところ、OKとの診断が出た)

ところが、である。
今週木曜日に、また喉が痛いと言い出し、昨日の朝、頭を触ると少し熱っぽい。
えっ?また??
病院へ連れて行って検査をしてもらったところ「完全に菌が死に絶えたなかったみたいです」とのこと。
おそるべし、溶連菌。

ちなみにやはり感染症なので、大人にも感染することがあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウン。

6月に入りました。
5月末に例年より早い梅雨入りをし、うっとうしい季節になるなぁ・・と思っていましたが、ここ数日、爽やかな天気が続いています。
一方、僕の体調は爽やかとはいいがたく、先週から今週にかけてダウンしていました。
木曜日の午後、会議の途中、だるいなぁ・・と思いながらも、なんとか乗り切り、夕方、家に帰り着くと、ただならぬ寒気に襲われた。
そのまま横になると、体温もぐんぐん上がりだした。
深夜、目が覚めると今度は腹痛が始まる。
トイレに行くと、決壊。
水のような便が止まらず、それが4日間も続きました。
辛かった。
昨日、ようやく職場復帰。
胃腸はストレスの影響を受けやすいようです。
ストレスとはうまく付き合っていかないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ騒動

3学期の修了式の日、みーちゃん、インフルエンザB型に感染。
その二日後、妻も感染。
そんなんで、3月後半は散々でしたが、4月、年度も改まり、新しい気持ちでスタートを切りました。
が・・・、インフルエンザB型の脅威は、閉ざされた環境の中で残る。
「閉ざされた環境」というのは、子どもたちが通う学童保育所。
“インフルエンザの友達の輪”と言わんばかりに、友達から友達へと感染。
先週末で6人の子が感染し、学校を休んでいたようです。
中には、みーちゃんが感染する直前にインフルエンザで休んでいたって聞いた子の名前もある。
なんで?
と思ったら、3月はA型、今度はB型なのだそうだ。
親も仕事を休まないといけないから大変だ~。
と、他人事のように思っていたら、どうもねえねの調子が木曜日くらいから悪い。
夜、頭を触ると熱い。
やばい!
体温を測ると40度近くあるじゃないか。
こりゃ、来た!
翌朝、病院へ。
ところが、朝になると熱も引き、病院へ着くころには36度台まで下がっていた。
先生も、「ほんとにインフルエンザなの・・? 一応検査しときますかね」という感じ。
その検査の結果がまた微妙。
ほんのうっすら“B”のところに反応している。
目を凝らして見ないとわからないくらいに・・・。
ということで、一応は「インフルエンザB型」と診断されたものの、その後も一向に熱は出ず、むしろ下がり35度台まで行く。
一夜明けた昨日に至っては咳も止まり、元気もりもりになってしまった。
まぁ、大事に至らずよかったものの、本当にインフルエンザだったのだろうか。
そして、明日は学校へ行かせてよいものか・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新緑の中を走る

気がつくと、若葉の緑が目に眩しい、気持ちの良い季節になっていました。

今朝、久しぶりに早起きをして、走り、そう実感しました。

このブログを最後に更新したのは3月の末。

しかもその時のタイトルが「眠れない」。

3月末に、「お前がグループ長をやれ」と上司に言われた瞬間から重いプレッシャーがのしかかり、本当にやっていけるんだろうか・・という不安の呪縛に駆られました。

それでも、時は待ってくれず、4月を迎え、未熟ながらもやっていかないといけませんでした。

実際にやってみると、これまた大変。

定時になると仕事を切り上げ、娘を迎えに保育園or小学校の学童保育に行く・・という穏やかな生活ができなくなりました。

まずは、4月早々にあった統一選の選挙。

選挙までの準備はもちろん、選挙当日も開票が全部済み、結果が出る深夜まで仕事でした。

選挙がようやく終わり、まずはひと段落。

今日は早く寝よう、と思っても、気持ちが高ぶって眠れません。

体と脳はひどく疲れているのに、眠れない。

そのうちに、胃がムカムカシテきてトイレで激しい嘔吐をしました(死ぬかと思いました)。

これがステップアップとは思えませんが、一応、父もステップアップしたように、子どもたちも学年が上がり、ねえねは2年生に、みーちゃんは、保育園の最終学年を迎えました。

進級で準備をしないといけないことがたくさんあるのに、それがきちんとできていない、ということで、またイライラし、妻と衝突(結構ひどい喧嘩をしました)。

と、むちゃくちゃなことが多かった4月ですが、僕は一つ年をとり42歳に。

もう、いい年をしたおっさんです。

おっさんなんだから、あまり気負わず、健康を第一に、妻と家庭を大事に、仕事にも責任を持って臨んでいきたいと思います(と、ゴールデンウィークを迎え、心に余裕が戻り思えるようになりました)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010走り納め

6月にここに引っ越してきてから、新たにしないといけなかったことの一つは、マラソンコースの再設定である。

家を出て、もっとも短いコース、その次に短いコース、5キロ、7キロ、10キロと、だいたい5パターンくらい設けているんだけど、とくに短いコースを町内を走ることになる。

もっとも短いコースとして、家を出て、幸町の神社に寄り、まずは、「今日一日が良い日でありますように」とお祈りをし、住吉バイパスを南下、城北工業の角で曲がり、高台中学前から坂を下り、高林バイパスへ。中央警察署、メイセイスポーツを過ぎたら、左の細い道に入り、四ツ池公園へ。公園を抜け、細い坂道を上り、わが家へ。

これでだいたい1.5キロくらいかな。

30分くらいかけてゆっくりと走る。

たいした距離ではないけれど、神社でお祈りをすることで、1日のよいスタートが切れるような気がするし、体温が上がることで、調子が出る。

今日も5時に起きて、最後の走り納めをしました。

いろいろなことがあった年だったけど、まぁ、いい一年だったんだなぁと神社で神様に感謝。

そして、来年もまた良い年になるといいなと走りながら思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踵が治った!

今年の年頭に掲げた目標や願いの中で実現できたものや叶ったもののひとつが、踵の痛みが治ったということ。

去年の夏から急に両足の踵が痛み出した。

とくに朝、起きて最初の一歩を踏み出した時の痛みは特別。

普通に歩くだけで踵や足裏の筋が痛いというのは、つらいものがあった。

整形外科に行ったところ、足底腱膜炎だと言われた。

足裏のアーチ状の筋肉が、オーバーヒートを起こしているうえに、踵の骨が棘のように出っ張りだし、そこに着いている筋肉が炎症を起こしている状態なのだそうだ。

うちの職場では毎年12月に親睦旅行に行っているのだが、先週、横浜に旅行に行った時、そう言えば、去年の旅行の時は歩くのがつらかったなぁ・・と思いだした。

それくらい痛かったのに、今ではすっかりその痛みがなくなった。

整形外科で、サポーター式のインソールを作ってもらい治療を受けていたんだけどそれが、まったく効果がなく、4月に入り、特注の靴を作り、履きだしてから、急に良くなった。

よかった。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧